とり まさ。 服部正成

「とり料理 まさ」に行ってきました。

鵜殿合戦は正成初陣の数年後であるため、双方の合戦が混同された可能性や正成が甲賀衆と共に鵜殿合戦に加わった可能性も生じる。 高山飛騨守の詳細は不明。 また、この槍については所蔵の史料にも「得道具大身鑓は武州四谷西念寺に相納む 穂先折れたるを同姓市平家筋に所伝の由」と記されており 、享保2年に西念寺で槍と由来を書写したは桑名藩に仕えた正成の子孫(正就と松尾の子の家系、小服部家)である。

18

「とり料理 まさ」に行ってきました。

通常非公開、槍の拝観は要問合せ 出典 [ ]• 小学館『週刊新説戦乱の日本史 第16号 伊賀忍者影の戦い』• また、保長をの子「守佐」であると記し、名を「石見守半蔵正種、浄閑入道保長、法名道可」とする史料も存在する。

17

丹後食事処 日本料理/寿司 とり松

年月・所在不明• 羽織を着る時は、すぐに脱ぎ捨てて戦えるよう、紐を結ばなかった。

2

医療法人アスピオス 介護老人保健施設 まさたみの郷へようこそ

槍に附属する文書記録 によれば、この槍は正成が姉川一番槍を入れた際に使用していたものとされ、銘は「鬼切丸」であり、別名を「髭切丸」「膝切丸」「蜘蛛切丸」と記されるが詳細は定かではない。 また、康成の母が誰であったかも不明である。 静岡県牧之原市布引原か)、遠州 浜松市西区伊左地町 、 浜松市西区佐浜町 、天正の頃は遠州 浜松市東区小池町 のあたりであったといわれる。

8

服部正成

(無銘・作者不明)• 3年()、家康(松平元康)は近江のらへ、の両名を遣わせ、今川家への加勢として甲賀衆200余人を集めた。 由来の武具 [ ] 一部の武具は現在も比較的良好な状態で保存されており、拝観が可能なものも存在する。 この時、(根来衆50人)、(の誤り、30人)も大組百人の組頭を務めている。

4

「とり料理 まさ」に行ってきました。

慶長年中卜斎記• 家康は彼らを同心として雇い、指揮権を伊賀の血筋である正成に与えた。

9

「とり料理 まさ」に行ってきました。

しかし同心らは「自分達は徳川家に雇われたのであり服部氏の家来になったのではない」と認識していた事、正成の父である保長が早い時期に伊賀を出て三河に住んだ事、伊賀における正成の家格は自分達よりも下である事などを理由に、彼に指揮される事を無念に思っていたという。 この時、正成は栗という場所にいた所を召し出され伊勢の白子まで同行したという。 天正11年(1583年)未3月19日没、法号「芳林正春」 、関ヶ原の合戦まで家康に仕え後は不明とする記述も存在する• 寺伝によれば、この槍は三方ヶ原の戦功により正成が浜松城で家康より拝領したものとされる。

医療法人アスピオス 介護老人保健施設 まさたみの郷へようこそ

その後の服部家 [ ] 正成の死後、伊賀同心支配の役と服部半蔵の名は嫡男のが継いだ。 正成は広間の近くへ松明を打ち込み、応戦した城主と広間の前で槍を合わせ首をとった功績により、盃と長さ七寸八分の秘蔵の槍を拝領し、以後この槍をもって働いたという。 鳥取市杉崎にある、介護老人保健施設 まさたみの郷です。

16