映画 心 の 旅路。 心の旅路の映画レビュー・感想・評価「シンプルなストーリーのラブロマンス」

心の旅 (映画)

特に、この「心の旅路」のような 心理劇では、微細な演技力を堪能できます。

7

心の旅路の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

二人は互いに「スミシー(スミスの愛称)」「ポーラ」と呼び合い、固く抱きしめ合いました。 監督は マーヴィン・ルロイ。

13

映画『心の旅路』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

125件のビュー• ミス・ミーチャム: () - 競馬好き。

14

心の旅路のあらすじ/作品解説

心の旅路のあらすじ・作品解説 心の旅路は1942年に公開されたアメリカ映画で1941年にジェームズ・ヒルトンが出版した同名小説の実写化されたものである。 2人は、見かけ上は幸せな国会議員夫妻として著名になるが、両者共に心には満たされないものが残っている。 踊り子から大病して子供も失い、それでも夫を探し続ける果てしない涙ぐましい愛は報われて欲しいよね。

11

映画「心の旅路」を見た感想

スミスは記憶こそ回復しないが、健康を取りもどしたので、今は相愛のポーラと結婚し、一子をもうける。 やがて兄に代わってレイナー商会主となり、実業界に雄飛する。 (製作・脚本、2001年)• そこへ、リバプールの新聞社から採用通知が届き、スミシーはリバプール市内へ出掛け、数日間は市内に泊まって打ち合わせなどすることになる。

10

心の旅路のあらすじ/作品解説

(脚本、1991年)• ラストシーンにはやっぱり号泣してしまいました こらえにこらえ、溜めに溜めた想いが堰を切って吹き出しました それまでの記憶を呼び戻す為の様々なきっかけが、次々と不発になって、あれも駄目、これも駄目となっていたのが、遂に届いたのです 正に心の旅路でした お話は記憶喪失ですが、私達の人生も考えてみれば忘却という軽い記憶喪失を繰り返しながら生きているとも言えないでしょうか? ずっと昔、あんなに愛し合った人がいたのに、いまは別の人と家庭を持って幸せに暮らしていたりするのです ふと我に帰る瞬間は誰にもあるのでは無いでしょうか? それが胸の奥の、破裂しようとしている何かをチクチクと突き刺してくるのです ラストシーンで号泣してしまうのは、本作のメロドラマで感情移入しての号泣でありつつ、自分自身の古い恋愛の記憶と、長い年月の果てに現在の自分が置かれている現状に初めて思い至ったかのような感覚 それが私達を泣かせているのかも知れません ポーラがあの街に行ったのは、しばらく海外に行く前に死んだ赤ちゃんの墓参りに行きたかったのかも知れません 劇中で彼女が罹ったという流感は時期的にスペイン風邪と思われます 当時パンデミックになり世界中で数千万人が死んだインフルエンザだそうです まるで現代のコロナと同じです 赤ちゃんか死んでしまったのもむべ無いことだったのです 天国の赤ちゃんが天使になって、二人を引き合わせて元に戻してくれたのかも知れません この『心の旅路』という映画は、第一にどこにも無理や破綻のない、甘美な抒情と、こころを和ませるストーリーでわれわれ鑑賞者の気持ちを引き付ける一級のメロドラマだと思う。 彼は、訝りながらもリバプール行きの汽車まで彼女を送る。

9