ヒラリー クリントン 現在。 肺炎・体調不良だけじゃない!ヒラリー・クリントンの隠されてきたトラブル

ヒラリー・クリントン宇宙人説?時折見せる「闇」が話題に

世界的に知られているその顔が、まるで別人に見えるほど変わってしまっていたのだ。 時折見せる不可解な表情などはパーキンソン病の症状に似ているのだ。

ヒラリー・クリントン宇宙人説?時折見せる「闇」が話題に

ここで前の記事でも話しヒラリークリントンの夫のビルクリントンの話にも触れ起きます。 いずれにしても、大統領選挙キャンペーンでビルがヒラリーとのコンビを「ひとつ分のお値段で、ふたつ分のお買い得 "get two for the price of one" 」と言っていたように、ビルがヒラリーを「最大のアドバイザー」と評して全幅の信頼を置いていたのは事実であり、ヒラリーはその後もクリントン政権を通じて閣議に臨席するという特別な存在であった(これはが信頼する実弟のを司法長官に任命して常に傍らにおいた例を踏襲したものだといわれる)。

9

ヒラリー担当医の証言|shionanon|note

最終的には特別代議員でもオバマに逆転を許し、オバマが全代議員の過半数を獲得して指名を確定させた。 対イラク…2003年のを支持した。 このヒラリーの旧姓へのこだわりは、保守派には「典型的なリベラル」とか「のを思わせる」などと評判が悪かったが、一般には「いかにも自己を埋没させようとはしないヒラリーらしい」と肯定的に受け止められていた。

4

【米大統領選】ヒラリー疑惑もバイデン疑惑も「報道しない自由」って…(大原 浩)

マクドゥガルはこの不正を訴追され、3年半の懲役刑を受けて服役中に持病の心臓発作を起こした。 翌日にCBSで放送された単独インタビューでは2016年の大統領選挙について訊かれ、「あす、あるいは来年のことは予測できない」と立候補に含みを持たせたともとれる発言をしている。 フォスターはホワイトウォーター疑惑やトラベルゲートについて、最も真相に近い人間とされていた。

1

ヒラリー担当医の証言|shionanon|note

2月1日、「皆とともに米国を安全にし、国益を促進し、われわれの価値が敬われるよう努めてきたことを誇りに思う」と挨拶をし、国務省を後にした。 警察はこれを自殺と発表。 しかも、アメリカは大統領が暗殺された過去もあるような国なので、そういう暗殺があっても驚きは無い気がしますし・・・。

ヒラリーを心底嫌ったアメリカの本音

本を買うのは無駄と考えがちですが、知れることを知らずに過ごしてしまうなど読まないと損をしてしまうこともあります。

11

ヒラリー担当医の証言|shionanon|note

私自身は、2019年10月15日の記事を書いたときから基本的な考えは変わっていない。

13

クリントン夫妻の友人47人が不可解な死を遂げていた! 自殺から飛行機事故、銃撃まで…! (2016年6月9日)

プロチョイス 中絶権利擁護派) [ ] ヒラリーは、中絶病院チェーンであり(権利擁護派)の団体である(全米家族計画連盟)からの支援を受けており、の会議に出席し、演説している。 しかし彼女は明かに体調が悪そうでした。 事件についてはこちらの動画がわかりやすいかと思います。

12

ヒラリー・クリントン

実際、北朝鮮による拉致も、昔は都市伝説として、その存在を主張する人がバカにされていましたしね。 そしてその書類は彼の死後、家から忽然と消えていた。 再選をかけたの上院選挙では、共和党候補に得票率で67パーセント対31パーセントという大差をつけて勝利した(このため「ヒラリー当確」は全米一早く出た)。

12