ハヴィガースト 老年 期。 人間の発達課題と教育・幼年期より老年期まで

〈中年期の心の健康〉中年期とは、惑いとこころの揺れの時期(心の健康について)[京都府精神保健福祉総合センター]

そして、彼は人間の発達課題を初めて提唱した人物として非常に名高いんですね。

18

【発達段階と発達課題】ピアジェ、エリクソン、ハヴィガーストの発達段階 vol.77

ですから、自分なりに理論を咀嚼して「参考にする」という姿勢が大事ですよね。

ハヴィガーストの老年期の発達課題について補足ハヴィガーストは...

大人の余暇活動の充実は中年期の発達課題です。

13

ハヴィガーストの老年期の発達課題について補足ハヴィガーストは...

在宅看護論• この時期に起こるホルモンや自律神経の変化は、すべての女性にとって自然な経過で、「美しく老いる」準備期間でもあります。 ただ、自分の人生を振り返るきっかけや今後の生き方の方針を決める参考にはなると思うので、このような学者の提唱するライフサイクルに関する理論を知ることは無駄にはならないでしょう。 また、それぞれの段階で個人が課題を達成することで、次の段階に進めるとエリクソンは、提示しており、発達課題を達成した場合に得れるものと、発達課題を達成できず失敗した際に生じる心理的問題についても示しています。

11

活動理論

肩こり、腰痛、手足の痛みがある. で、こんなことを思う人はいないでしょうか? 「自分には人生のその時々でちゃんとその時期にやっておくべきことがあったのではないか?今は一体何をすべきなのか?」と。 jp2• 身体的には 体力に限界を感じたり、疲労回復に時間がかかったり、健康に関心が増すなどの変化が生じる時期です。

活動理論

責任ある社会的行動• ストレスとその対処行動(コーピング)、カタルシス効果について解説しています。 心理的には 社会的役割の変化、体力的な衰えなどから、今までのやり方ではどうもうまくいかないと感じ始め、「自分の人生はこれでよかったのか」「本当に自分のやりたいことは何なのか」という、自分の生き方、あり方そのものについて、見直しを迫られる時期でもあります。

10