恋äēē įš‹ãŽã€‚ 「恋äēē」ぎ厚įžŠã¨ã¯īŧŸæ‰‹ãŽįš‹ãŽæ–šã§ã‚ã‹ã‚‹åŊŧ氏åŊŧåĨŗとぎčĻĒ密åēĻ

「恋äēē」ぎ厚įžŠã¨ã¯īŧŸæ‰‹ãŽįš‹ãŽæ–šã§ã‚ã‹ã‚‹åŊŧ氏åŊŧåĨŗとぎčĻĒ密åēĻ

でもčĩ¤ãĄã‚ƒã‚“が母čĻĒをé ŧるようãĢ、į›¸æ‰‹ãĢé ŧãŖãĻばかりでč‡ĒįĢ‹ã—ãĒいようãĒ態åēĻは恋äēēãĢį”˜ãˆãĻいるだけです。 ただ手をつãĒぎたくãĻã€ã‚ˆã‚Šæˇąãįš‹ãŒãŖãĻいたいだけ。

10

恋äēēįš‹ãŽã‚’するåŋƒį†ãƒģ劚果をįŸĨりたいīŧåĨŊきãĒäēēと気čģŊãĢできる゚キãƒŗã‚ˇãƒƒãƒ—â™Ą

äžĄå€¤čĻŗが合わãĒかãŖたり性æ ŧぎį›¸æ€§ãŒæ‚ĒくãĻも、しãŖかりとおäē’いãĢč§Ļれ合う「゚キãƒŗã‚ˇãƒƒãƒ—ã‚„ã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗ」をとることで、おäē’いãĢã‚Ēã‚­ã‚ˇãƒˆã‚ˇãƒŗが分æŗŒã•ã‚Œį›¸æ‰‹ãĢ寞しãĻ「į™’やし」や「愛情」をåŧˇãæ„Ÿã˜ã€į›¸æ‰‹ã‚’受けå…ĨれることãĢįš‹ãŒã‚Šãžã™ã€‚ 恋äēēįš‹ãŽã‚’åĨŗ性が受けå…ĨれãĻくれãĻいるということで「č‡Ē分は愛されãĻいる」と原感でき、より厉åŋƒã§ãã‚‹ã¨æ€ãˆã‚‹ãŽã§ã™ã€‚

1

恋äēēつãĒぎをするåŋƒį†ã‚’į”ˇåĨŗåˆĨãĢ8つį´šäģ‹ã€ã¤ãĒぐときぎæŗ¨æ„į‚šã‚‚】

密į€åēĻがéĢ˜ããĒい「指先įš‹ãŽã€ã¯ã€ãã‚Œãžã‚ŒãŽæ™‚間とį›¸æ‰‹ã¨ãŽæ™‚間を同時ãĢ大切ãĢしたいというときãĢもしãĻしぞうこともあるでしょう。

5

気があるč¨ŧ拠īŧīŧŸæ‹äēēįš‹ãŽã‚’しãĻくるį›¸æ‰‹ãŽåŋƒį†ã‚’čĒ­ãŋ取るīŧ•ã¤ãŽã‚ŗツ

イナ゚トをčĻ‹ãĻãŋると指がįĩĄãŋ合ãŖãĻおらず、čĻĒ指とそぎäģ–īŧ”æœŦぎ指ぎīŧ’つãĢ分けãĻ手をįš‹ãã‚ŋイプです。 最初はおäē’いãĢį…§ã‚ŒãĒがら恋äēēįš‹ãŽã‚’しãĻいぞすが、きãŖとこれがäēŒäēēãŽčˇé›ĸをさらãĢį¸Žã‚ãĻきãŖã¨č‰¯ã„é–ĸäŋ‚ãĢãĒãŖãĻいくäē‹ã§ã—ょう。

1

恋äēēつãĒぎをするåŋƒį†ã‚’į”ˇåĨŗåˆĨãĢ8つį´šäģ‹ã€ã¤ãĒぐときぎæŗ¨æ„į‚šã‚‚】

į›´æ„Ÿã¯å¤§åˆ‡ã§ã™ãŒã€åŊŧとぎこれぞでぎé–ĸäŋ‚性ãĒãŠč‰˛ã€…ãĒčĻį´ ã‚’åĢめãĻ įˇåˆįš„ãĢ判断することが大切です。 åŦ‰ã—い」と感じるぎãĢ寞し、į”ˇæ€§ã¯ã€Œã‚‚しかするとこぎ垌はâ€Ļã€ã¨č€ƒãˆãĻしぞうäēēもいぞす。 ですぎで、į”ˇæ€§å´ãŽæąēæ„ã¨æ„›æƒ…ãŽčĄ¨ã‚Œã¨ã„ãŖãĻもいいぎでしょう。

4

恋äēēįš‹ãŽãŽæ„å‘ŗややり斚はīŧŸåŊŧ氏īŧˆåŊŧåĨŗīŧ‰ãŒæ‰‹ã‚’įš‹ãŽãŸãŒã‚‹į†į”ąã‚‚īŧ

あãĒたãĢåĨŊ意を持ãŖãĻいるから ãžãšč€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã¯ã€ã‚ãĒたãĢåĨŊ意を持ãŖãĻいãĻ é–ĸäŋ‚ã‚’į™ēåą•ã•ã›ãŸã„ã¨æ€ãŖãĻいるパã‚ŋãƒŧãƒŗです。 åŊŧåĨŗからすると、åŊŧ氏がそんãĒåŋƒį†įŠļ態でいãĻくれるãĒんãĻとãĻもåŦ‰ã—いことですよね。

5

恋äēēįš‹ãŽã‚’するåĨŗ性ぎåŋƒį†ã¨ã¯īŧŸ

åĨŊãã¨ã„ã†æ°—æŒãĄã‚’ã‚šãƒˆãƒŦãƒŧトãĢäŧãˆã‚‹ãŽã¯į…§ã‚Œãã•ã„からしãĻしぞうįš‹ãŽæ–šã§ã€ã“ぎいじらしさがかえãŖãĻį›¸æ‰‹ã‚’いとおしく思ãŖãĻしぞいぞす。

11