姫路 循環 器 病 センター。 理学療法士(会計年度任用職員)(ID: 28050

診療科スタッフ紹介

周辺の環境や施設との融和• (始)• (始)• (始)出発バス停始発 06時• (始)• 3 質の高い診療・教育・研究の実施• 病院データ 病院名 県立姫路循環器病センター 病院種別 公立病院 都道府県市区町村組合 病院の紹介 『院内で取り組む3つのコンセプト』 *より高度で安全な医療を~循環器疾患の専門治療を24時間、いつでも実践します *安心と信頼をつくっていく~患者さんが信頼し、満足できる高度専門治療を提供します *笑顔でコミュニケーション~患者さんの状態に合わせ、より専門性を発揮するチームで治療にあたります。 12分• 2 放射線治療棟 RC造(耐震構造)、地上2階、延床面積1,757m 2、高さ10. 車ではもちろんのこと、駅からも近い場所にあり なんと、 JR姫路駅からは二階歩行者デッキで直結されます。

15

概要・採用データ

他部署の動機や先輩とも仲良くなれ、いろいろな悩みも相談できます。 高度な循環器疾患医療を行いながら、ドクターヘリ準基地病院として高度専門急性期医療を中心とした地域医療ネットワークの中心的役割を担い、リーディングホスピタルを目指します。

2

施設紹介

大石 醒悟 役職 循環器内科医長 救急科医長 専門分野 循環器内科 心不全 心血管インターベンション 心大血管リハビリテーション 資格 内科認定医 総合内科専門医 循環器専門医 心臓リハビリテーション指導士 日本心血管インターベンション治療学会 CVIT 認定医 日本緩和医療学会認定医 日本人工臓器学会植込み型補助人工心臓管理医 所属学会 日本内科学会 日本循環器学会 日本心不全学会 日本心血管インターベンション治療学会 日本心臓リハビリテーション学会 地方評議員 日本ホスピス在宅ケア研究会(評議員) 日本循環器心身医学会(理事) 日本緩和医療学会 代議員 日本心臓病学会 日本在宅医療連合学会 日本人工臓器学会• 平成29年2月に策定した「県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合再編基本計画」に基づき、播磨姫路圏域において、安定的・継続的に高度で良質な医療を提供するため新病院の整備を推進しています。 病床数 736床 一般病床720床、精神病床16床 2 施設計画• 派遣後は職場に戻り、習得した看護手法をフィードバック、看護水準の向上に資しています。 (始)• 「姫路における県立病院のあり方に関する検討委員会」の開催について 「県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合再編検討基本方針」を踏まえ、両病院の統合再編に向けた検討を行うため、姫路市、医療関係者、大学、住民代表、外部有識者等で構成する検討委員会を開催しました。

3

兵庫県/兵庫県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合再編整備の基本設計概要

各病院の専門看護師・認定看護師が集まって毎年実践報告会も開催しており、臨床で実践して習得した知識や技能などの情報の共有を図り、より質の高い看護を目指しています。 *ハローワークを通して応募してください。

15

施設紹介

神姫バス [17] 県立姫路循環器病センター経由姫路商業高校前行• (始)• 神姫バス [17] 県立姫路循環器病センター経由姫路商業高校前行• 12時• 例えば、医療法上では、病床数 20床以上を「病院」、 19床以下を「診療所」として分類しているようです。 認知症専門病棟• 申込日から2週以降の水曜日または金曜日に受診・検査の予約を行います。

12

兵庫県立姫路循環器病センター

15:30 発 15:42 着• 2 個室ニーズへの対応(4床室から個室への可変性も考慮した病室プラン)• 12分• 20:55 発 21:07 着• 出典 [ ]• 神姫バス [17] 県立姫路循環器病センター経由姫路商業高校前行• 12分• 新病院整備候補地の道路交通状況について• (始)• ハイブリッドER(CT・アンギオ一体化)、ハイブリッド手術室(CT室、アンギオ室)やロボット手術室なども整備し最先端治療を展開します。 第3回姫路における県立病院のあり方に関する検討委員会 日時:平成27年8月5日(水曜日)13時~15時 場所:姫路・西はりま地場産業センター601会議室 議題: (1)両病院の診療機能、診療体制等の現状と課題 (2)専門医制度の見直しについて 資料:• 13時• (始)• 14:30 発 14:42 着• (始)• 1 空間の広がりと繋がりがある外来空間(吹抜け空間による明解な視認性の確保)• 「兵庫県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合再編検討基本方針」の策定について 兵庫県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合再編検討基本方針を別添のとおり策定いたしました(平成27年2月)。

16