花粉 予報。 環境省_花粉情報サイト

環境省花粉観測システム(はなこさん)

木本はヒノキ科スギ・ヒノキ属、カバノキ科ハンノキ属、シラカンバが主のカバノキ科カバノキ属を示し、草本は初夏に多いイネ科、秋のキク科ブタクサ・ヨモギ属とアサ科カナムグラの開花時期である。 また、気候の違いから飛散時期も九州では1月下旬くらいから、東北では3月上旬以降と差があります。 スギ花粉の飛び始めは、全国的に例年並み• 飛散量は、広い範囲で例年より少なく、九州は非常に少ない• (European Topic Centre on Air and Climate Change)•。

花粉カレンダー|花粉症ナビ

2020年6月は、全国的に日照時間、気温ともほぼ平年(過去10年の平均)並みでしたが、ヒノキ花粉に最も影響の大きい6月上旬の日照時間は、2019年と比べてかなり多くなりました。 (環境省)• (環境省)• ヒノキ属は3月から4月を中心に約1力月問続く。

日本気象協会 2021年 春の花粉飛散予測(第2報) ~スギ花粉シーズンのスタートは例年並み 早い所では2月上旬から~

PDFダウンロード:. (国連環境計画UNEP)• (気象庁)• (報道発表資料)• Environmental Protection Agency)• 日本は南北に細長い地形のために地域差があり、花粉症の原因植物の特徴や飛散期も異なります。

2

日本気象協会 2021年 春の花粉飛散予測(第2報) ~スギ花粉シーズンのスタートは例年並み 早い所では2月上旬から~

Environmental Protection Agency)• (国立環境研究所)• (気象庁)• (国立環境研究所)• 秋のイネ科は春より少ない。 (Co-operative Programme for Monitoring and Evaluation of the Long-range Transmission of Air Pollutants in Europe)• (United Nations Statistics Division)• 飛散期問の長期化傾向があった。

日本気象協会 2021年 春の花粉飛散予測(第2報) ~スギ花粉シーズンのスタートは例年並み 早い所では2月上旬から~

(環境省)• Environmental Protection Agency)• これらは閏東地区が他より多く、花粉症悪化がうかがわれる。 (国土交通省)• 中でも一番手強いのは、 風によって大量の花粉が長い距離飛ばされる風媒花で、特に重要なのが スギなどの木本(もくほん)植物です。

12

環境省_花粉情報サイト

北日本は平年並みか高いものの、冬らしい寒さにより休眠打破が順調に行われて、スギ花粉の飛散開始は各地で例年並みとなる見通しです。

2

環境省_花粉情報サイト

重力法による調査結果を旬ごとにまとめ、最終的に日ごとの平均花粉数としてグラフに示した。 花粉飛散傾向 2021年春の花粉飛散傾向予測は、九州から近畿、関東、東北の広い範囲で例年より少ない見込みです。