月 と 六 ペンス。 感想・解説『月と六ペンス:サマセット・モーム』芸術とは、芸術家とは

ポール・ゴーギャンがモデル?「月と六ペンス」 画家・ストリックランドの人物像を考える

しかし見方によっては、ストルーヴがゴッホをモデルにしていると考えることも出来よう(ストルーヴはゴッホ同様、オランダ人である)。 なんと彼は「絵を描く」ために何もかも捨てた、と言うのだ……。 くだらない本もたくさん混じっていて、それで本屋さんなのである。

17

全ての夢追い人必読!サマセット・モーム『月と六ペンス』

会社社長などをゲストにお招きして、お話を伺っています。 事の是非に鉄槌を食らわせることも、文春砲まかせで、できるだけ避けるようになった。 話はわたしという作家の語りによって進んでいきます。

9

月と六ペンス

女に求めるものをみんな与えてくれる」 イヤ…これ 孤高の生き方ではないでしょ。 愛情はないのか。 あらすじ 作家である『わたし』は招かれたストリックランド夫人のパーティでチャールズ・ストリックランドと知り合うこととなる。

ポール・ゴーギャンがモデル?「月と六ペンス」 画家・ストリックランドの人物像を考える

とにかく、もどってきてほしいの。 生まれてくる場所を間違えた、というのはものすごく共感できる言葉。

3

サマセット・モーム「月と六ペンス」 すべての人生、皮肉る知性|好書好日

こうした人生には、つつましい美しさがある。 また、『月』はストリックランドのことを表し、『6ペンス』はストルーヴェのことを表しているのかもしれません。

11

月と六ペンス

だいたいGOTOキャンペーンが最悪の愚策だった。

18