女性 蔑視 読み。 辞任表明、森喜朗氏的な女性蔑視は、男性誰もが持っているのだから

【海外メディアななめ読み】世界が女性蔑視発言を許さない訳

「問題は、女性が多く話すことではなく、女性が声を上げることが、いまだに驚くべきこと(または迷惑でさえあること)ととらえられ、多く記憶されることだ。 さらに「森氏の発言は、日本政府が女性差別・蔑視問題で早急に改革に乗り出すべきことを示している」として、女性差別の是正に本腰を入れるよう求めた。 これほど怒りが広がったのは、一連の問題が日本の社会や組織を象徴するものだったからではないでしょうか。

5

女性蔑視発言に異例の即「ノー」 パラ競技団体、声明の真意は?

声明には「指導者と選手、理事と職員など、立場の違いが認められる場合でも、人として平等だという視点を決して忘れず(中略)対話する精神を大切に」、「性差別のみならず、あらゆる差別やハラスメントに反対する」と、多様性を尊重する言葉を盛り込んだ。 「一過性」で終わらせてはならない 思えば私が大阪場所で優勝力士に賜杯を渡すために男性知事と同じく土俵に上がりたいといってから20年余り。 なぜ「こんなこと」が海外でも大問題になるのか、インバウンド担当者としては知っておきたいところです。

11

女性蔑視発言に異例の即「ノー」 パラ競技団体、声明の真意は?

おお、喜ばしいじゃないかと思うと、見出しに 「お客をおとなしくする為めに」とある(!)。

森喜朗元首相を尊大にさせた政治記者たち~「女性蔑視」発言は今に始まったことではない

男女格差をはかる「ジェンダーギャップ指数」において、日本は153か国中121位(2019年世界経済フォーラム)と、G7でダントツの最下位。

11

森喜朗会長の「わきまえない」発言炎上のワケ、女性蔑視発言をハラスメントの視点で考える [人間関係] All About

筆者は経営コンサルタントという職業柄、さまざまな企業の情報を調べる機会があり、新聞や雑誌など過去の記事をよく目にする。 その後も改正されている。 2017年に公開された『(神の秩序)』というスイス映画は、スイスの村に住む主婦が、「夫の許可がなければ働いてはいけない」という法律に疑問を感じ、女性の投票権を求めて戦う様子を描いた作品です。

11

経団連中西会長 女性蔑視は“日本社会の本音”発言に批判殺到 (2021年2月9日)

次に読売新聞から引用しよう。

16

森喜朗会長の「わきまえない」発言炎上のワケ、女性蔑視発言をハラスメントの視点で考える [人間関係] All About

また、ある大学の学部での7回分の会議を分析すると、男性の発言の方が女性より頻繁で長かったという1970年代の研究も引用。

13

森喜朗元首相を尊大にさせた政治記者たち~「女性蔑視」発言は今に始まったことではない

「言いにくいことだけど、少子化のいま議論だからいいますが、子どもをたくさんつくった女性が将来、国がご苦労さまでしたといって面倒を見るっちゅうのが本来の福祉です」 シンポジウムには、当時現職の衆院議員だった太田誠一・元総務庁長官(自民党、福岡県)や地元・鹿児島県の保岡興治氏(故人)も参加し、森氏の発言に「そうそう」と相槌を打っていたという。 振り返れば、ラグビー協会で2013年、女性理事が初めて登用されたのは、当時、女子柔道の日本代表選手に対するパワハラ事案が社会問題になったことがきっかけでした。 主題 「醜女は何處へ」 副題 「就職戦線落伍者のゆくへ」 今の常識から考えると目を疑う。

14