ひいては 使い方。 「ひいては」と「しいては」は同じ意味?それぞれの意味と例文で学ぶ使い方

「ひいては」の用例・例文集

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 」 ・The factory went bankrupt. 「ひいては」と「しいては」の違い 「ひいては」と「しいては」の意味の違い 「ひいては」と「しいては」の違いを分かりやすく言うと、 「ひいては」とは「最終的には」や「結局は」という意味で、「しいては」とは「強いる」という意味の違いです。 不規則な生活は毎日の生産性を低下させるし、ひいては寿命を縮めることにもりかねない こちらの例では、「ひいては」に「それにとどまらず」というニュアンスが持たされているのがおわかりになると思います。

「ひいては」の意味・使い方例文3つ・「しいては」との違い

この言葉がよく使われる場面としては、間違えて「ひいては」を表現したい時などが挙げられます。

16

「ひいては」とは?意味や漢字・類語・「しいては」との違い・英語表現を解説!

一方の「しいては」ですが、これは文法的には正しい言葉ではありません。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。

14

ひいてはという言葉の使い方

・Mr. 一つの事象の結果として他の結果にも影響を与えるという意味から見て、この様な英語の使い方になります。 。

7

「ひいては」とは?意味や使い方をご紹介

そのため、「ひいては」の意味合いにある「前述の内容から影響を受けて、その影響に集中する形で後述する」とした文意上の姿勢がやや薄れるため、接続詞としての形容表現では微妙なズレが出てきます。

15

「ひいては」の意味と由来・使い方・例文・「急いて」「強いて」との違いは?現役記者がサクッと解説!

さらにという言葉が普通に有名であるがために、あえてひいてはという言葉を使う必要性は低いですけど、ひいてはという言葉を使う人もそこそこいます。 ビジネスで使われる「ひいては」 「ひいては」は上の例文でも見たように、日常生活で使われることが多い言葉ですが、ビジネスの世界でもよく使われています。 「小さな問題が起因となって、大きな問題が発覚する」「あることが原因で別の問題が提起される」というイメージです。

11