123 便 機長。 日本航空123便墜落事故で機長がハイドロ全部だめ?と聞いていましたがハ...

日本航空123便墜落事故で機長がハイドロ全部だめ?と聞いていましたがハ...

事故調と日航は、調査の証拠として 「 CVR 」 [DFDR] 「残骸」 のみを採用していると豪語し、重要な「目撃証言、体験証言、関係者証言」 を無視しての結論だと言う、そこには事故調査の原則を無視して、間違 った結論に至ったことの自覚もなく、前橋地検が不起訴判断して「無罪」 にしたのは当然のことなのである。 これでは、元々の破損部分を切ってしまった可能性もあります。

8

【日本航空123便墜落事故】機長が残したボイスレコーダーの全文書き起こし!

日本航空123便墜落事故の生存者の一人、当時12歳の川上慶子さんは記者からの質問に、「左後ろの上の天井がバリッと言って穴があいて、それと同時に白い煙が客室内に立ち込めた」と日本航空123便墜落事故の客室内の状況を証言していました。

7

日本航空123號班機空難

弁護団が捜査の疑問点をまとめました。

【日本航空123便墜落事故】機長が残したボイスレコーダーの全文書き起こし!

「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 ご自身も遺族という立場。

日航123便墜落事故 の事故報告書の結論、内容での矛盾、疑惑点

ボーイング747の整備方式は「コンディション・モニタリング方式」と呼ばれるもので、運行されている同一機種の故障データを監視しながら対策をとるものであった。

10

marharrell.com(朝日新聞社):墜落前の悲鳴「今も耳に」 日航機の管制官、沈黙破る

疲労亀裂の発見確率 [ ] しりもち事故の修理ミスによる圧力隔壁の疲労亀裂破壊が事故原因であることが明らかとなったが、事故機は修理後「 」を7度受けていた。

19

【※肉声あり】日本航空123便墜落事故直前の機長の叫びが刹ない…

同機長が発した言葉では、「 」「 」等も有名。

15

あれから31年。JAL123便機長が守り続けた“大切なモノ”を忘れない(河合薫)

, March 18, 1987• 一歩間違えれば、 機首からまっさかさまに墜落です。

17