トヨタ スマート シティ。 スマートシティトヨタ@裾野に住みたい!いつ完成?入居募集は?

「スマートシティの社会基盤を東富士から世界へ」。業務資本提携を発表したトヨタとNTTの共同記者会見

7倍にも増えると言われている。 それが、電動キックボードなどのパーソナルモビリティの普及を阻む壁となっているが、街をいちから作るなら、異なる移動手段が利用する道を分離してしまおうというのは、現実的な解決策だ。 関連情報: 構成/DIME編集部. スピードが速い車両専用の道として、「e-Palette」など、完全自動運転かつゼロエミッションのモビリティのみが走行する道• トヨタ本社が配布した日本語資料にも「コネクティッド(コネクテッド)・シティ」プロジェクトとある。

トヨタの「スマートシティ構想」がスマートではない理由

その道とは具体的に以下、3種類に分類される。

4

Society5.0の担い手「スマートシティ」関連、トヨタ参入で気炎 <株探トップ特集>

先日、 トヨタが実証都市 「コネクティッドシティ」のプロジェクト概要を発表した。

1

【トヨタが街をつくる】なぜ富士山麓に未来の街「WovenCity」2021年着工を決断した?

これまで、両社はコネクティッドカー分野での協業を行ってきたが、各社が個々のプロジェクトに取り組むだけでなく、両社が一体となり、スマートシティ実現のコア基盤となる「スマートシティプラットフォーム」を共同で構築・運営し、国内外の様々なまちに連鎖的に展開することが必要だとし、業務資本提携を行うことを決定した。 一方で、日本では今後将来にわたって労働力が不足する見通しであり、これまでの経済成長に陰りが予想されている。

2

トヨタ実証都市、発明家と子育て世代集まる街に 21年2月着工

総工費については未公開だが、ラスベガスでの発表内容を見ると、数千億円規模の巨大プロジェクトという印象だ。

4

トヨタとNTT、「スマートシティビジネス」の事業化に向け資本提携

(私の勝手な妄想だが) だが、それにしてもやはり時間のかかる話であることは確かだろう。 また、両社の他にも様々な事業者による最先端テクノロジーの検証も予定されており、都市の課題解決を実現するスマートシティのモデルケースを目指している。

トヨタの「スマートシティ構想」がスマートではない理由

人々の暮らしを支えるあらゆるモノ、サービスが情報でつながっていく時代を見据え、この街で技術やサービスの開発と実証のサイクルを素早く回すことで、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けることが狙い。