インフルエンザ 特措法。 【新型インフルエンザ特措法改正案提出、参議院本会議、エネルギー調査会ほか】 12月2日(水)、...

特措法24条9項とは分かりやすく解説【特措法45条との関係は?】

)その他の職員を置く。 発生時の対応 [ ] 新型インフルエンザ等の発生が確認された場合、は原則として政府対策本部を設置する(第15条第1項)。 新たに人から人に伝染する能力を有することとなったウイルスを病原体とするインフルエンザであって、一般に国民が免疫を獲得していないことから、全国的かつ急速なまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあると認められるもの• (政府対策本部長の権限) 第二十条 政府対策本部長は、新型インフルエンザ等対策を的確かつ迅速に実施するため必要があると認めるときは、基本的対処方針に基づき、指定行政機関の長及び指定地方行政機関の長並びに前条の規定により権限を委任された当該指定行政機関の職員及び当該指定地方行政機関の職員、都道府県の知事その他の執行機関(以下「都道府県知事等」という。

14

新型インフルエンザ等対策特別措置法について|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

6 第二項及び第三項の規定は、特定検疫港等の変更について準用する。

8

改正特措法の問題点 緊急事態宣言発令で責任の所在は?国?都道府県知事?|趣味のブログ

そこで、緊急事態宣言が発令された場合には、国や都道府県知事には、適切かつ十分な医療を確保するために必要な措置を講じる義務(特措法47条・48条)があるだけでなく、臨時医療施設を設置するために、民間の土地・建物などを占有する権限が認められています(特措法49条)。 これが、この法律案を提出する理由である。

新型コロナ特措法とはどんな法律?非常事態措置の内容やその限界について弁護士が解説

コロナウイルス等の全国的かつ急速なまん延により国民の生活や経済に甚大な影響を及ぼすおそれがある なお、上の要件のうち健康被害や急速な蔓延についての具体的な基準については、政令によって定められています(新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令6条)。 この日の参院予算委員会では、厚生労働省が2月18日、備蓄しているマスクなどを使えるよう現行法関連の要綱を改正したと、立憲議員が指摘した。

6

日本弁護士連合会:新型インフルエンザ等対策特別措置法案に反対する会長声明

2 市町村対策本部は、当該市町村が実施する当該市町村の区域に係る新型インフルエンザ等対策の総合的な推進に関する事務をつかさどる。 「中間とりまとめ」をみると、「医療関係者に対する要請・指示、補償について」(表1)という項目がある。

1

日本弁護士連合会:新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令(案)に対する会長声明

2020年5月4日、「当面、新規感染者を減少させる取組を継続する必要があるほか、地域や全国で再度感染が拡大すれば、医療提供体制への更なる負荷が生じるおそれもある」 として、緊急事態措置を実施すべき期間が、全都道府県を対象に、2020年5月31日まで延長された(「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言に関する公示の全部を変更する公示」同年5月4日付官報特別号外第58号)。 (市町村対策本部の設置及び所掌事務) 第三十四条 新型インフルエンザ等緊急事態宣言がされたときは、市町村長は、市町村行動計画で定めるところにより、直ちに、市町村対策本部を設置しなければならない。