日本 の 総 人口。 2055年には1億人割れを予想…日本人口の推移をさぐる(2019年公開版)(不破雷蔵)

近代以前の日本の人口統計

なお,滋賀県は減少から増加に転じています。

19

日本 総人口(万人,1965

)では、将来の出生推移及び死亡推移について、それぞれ中位、高位、低位の3つの仮定を設けている。 ファリスの1450年の下限推定人口は、兵隊人口の比較による。

3

日本 総人口(万人,1965

高齢者の中でも65歳から74歳 前期高齢者 と75歳以上 後期高齢者 の比率・数の推移も、高齢化の内情を推し量る上では欠かせない。

グラフで見る日本の労働人口(労働力)は多い?少ない?

高橋梵仙、『日本人口史之研究』、日本学術振興会、1955年• の『満済准后日記』の記述によると、、などの軍は平均して325騎、兵2500人の軍隊を有しており、が10大名に相当する軍隊を有し、守護大名の総数を37~60人とすると日本全土で兵の総数は13万2775~19万7750人と算出される。 比較可能な1950年以降で最低となり、労働力不足が鮮明となっている。

6

2055年には1億人割れを予想…日本人口の推移をさぐる(2019年公開版)(不破雷蔵)

これに1町の口分田を支給されている戸口の平均人数7. b アイリーン・B・トイバー, 毎日新聞社人口問題調査会訳, 『日本の人口』, 毎日新聞社人口問題調査会, 1964• 15歳~64歳人口は7507万2千人で,前年に比べ37万9千人の減少となり,割合は59. 00 73,600 98,400 105,100 101,800 224,100 221,300 274,700 1,140,000 886,935 102 30,937. 中国: 、、、、の合計。 00 12,100 9,400 10,600 10,000 4,500 4,500 9,300 3,920 3,920 9 428. 一方、最下位の東京都が1. 2人前後と安定した水準を維持しており、合計特殊出生率は低下しても、結婚した女性に限れば産む子供の平均の数は変わらなかったが、2005年(平成17年)の調査から出生児数の低下がみられ、2015年(平成27年)の完結出生児数は1. 74 38,400 17,400 28,500 23,000 34,800 40,000 77,700 65,000 90,000 11 620. 5 1933 昭和8 66,790 2,104,000 1,182,000 922,000 31. (結果の概要 2~3ページ) 外国人が7年連続の社会増加,増加幅は拡大• 3 1934 昭和9 67,680 2,028,289 1,225,402 802,887 29. 35まで上昇)、死亡推移を中位(平均寿命について、2010年には男性79. b 小山修三, 『縄文時代』, 中央公論社, 1983. 70 546,900 683,600 689,600 686,600 615,800 624,600 1,126,200 1,000,000 1,248,000 98 21,414. このような仮定に基づいて試算すると、我が国の総人口は、2010年の1億2,806万人から長期の人口減少過程に入り、2030年の1億1,662万人を経て、2048(平成60)年には1億人を割って9,913万人となり、50年後の2060年には8,674万人になることが見込まれている。

17

2 総人口の減少と人口構造の変化: 子ども・子育て本部

社会増減は7年連続の社会増加となっています。 北陸: 、、、の合計。 00 19,800 37,300 37,300 37,300 29,400 29,400 51,600 n. 19ポイント)が最も拡大しています。

1

統計局ホームページ/人口推計/人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

52 2006 平成18 127,710 1,092,674 1,084,450 8,224 8. 5人と『和名類聚抄』記載の郷数比を乗じることで、西暦823年の全国人口を推定しているが、後述するように『和名類聚抄』記載の全国郷数は4041, 西海道の郷数は509であり、横山由清は計算間違いをしている。 80 1950 昭和25 82,900 2,337,507 904,876 1,432,631 28. 76 2020年12月31日 01660-8 236,516 224,246 -5. 日本はに突入している。 58 2021年2月1日 27227-2 502,784 491,646 -2. 2倍も労働人口 労働力 が多く、労働人口 労働力 の違いが見えてきます。

17

日本の人口統計

29)の順となっている。

日本の統計データ

しかし本格的な全国人口調査が始まったのはの時代である。

20