判官 贔屓。 知ってる?「判官贔屓」の言葉の由来と正しい使い方|@DIME アットダイム

判官贔屓(ほうがんびいき)の意味とは?語源由来や類語を解説!日本人特有の好み?

、124-129頁。

6

判官贔屓(はんがんびいき)の意味や読み方 Weblio辞書

最後は、源頼朝に差し向けられた軍勢の前に 非業の死を遂げました。 『』では近江国蒲生郡鏡の宿で元服したとする。

20

「判官」の読み方は?

このため、頼朝は義経を遠ざけるようになり、結果的に二人は争うことになります。

20

源義経

藤原秀衡の庇護を得たことについて、伝承によれば遮那王16歳の時に、という金商人の手配によったというが、この人物は当時多くいたと都を行き来する商人達を元にした虚構の人物と思われる。

「判官」の読み方は?

、191頁。

判官贔屓(はんがんびいき)の意味や読み方 Weblio辞書

『玉葉』11月7日条• 、160頁。 語義の拡大 [編集 ] 上横手雅敬によると、日本人は判官贔屓という言葉の成立前から、伝統的に同様の感情を抱いてきた。

7

「判官贔屓」の読みと意味を解説!語源や使い方・類語も紹介

頼朝の怒りを知った義経は起請文を献じて弁明したが、「これまで勝手にふるまいながら、いまさらあわてて弁明しても、もうとり上げることはできない」 、「こちらが不快に思っていると聞いてはじめて、こうした釈明をするのではとても許せない」 と、かえって怒りを増幅させてしまった。