ガリバー 旅行 記 ラピュタ。 火星で「空飛ぶ岩」発見!「ガリバー旅行記」との奇妙な一致も

『天空の城ラピュタ』の豆知識まとめ

自己の卑小さから、鏡を覗くことが嫌になったことも事実だった。 原作を読んだら童話の小人の国はどうでもよくなります。 この文はその前日にスウィフトへ称賛の手紙を送ったアレグザンダー・ポープによるものであると誤って引用されている。

4

ソックリすぎる!! 『天空の城ラピュタ』の元ネタになった2つの話(1/2)

余談ではあるがナウシカに出てきたクシャナ殿下やもののけ姫のエボシ様のようなキャラクターが出ていない事で、一部のコアな諸兄から減点されがちな作品ではある。

5

ガリヴァー旅行記(3)~プラトンの理想郷~

この章では人間はフウイヌムの国では蔑まれる対象である野蛮な「ヤフー」として登場します。

16

研究社

ラピュタ• 愛したり戦ったり議論したり、人を欺いたり裏切ったりもしていると言うではないか。 一つは、そもそも弁護士などという奴は、ほとんど揺籃[ゆりかご]の中から虚偽を弁護するようにしこまれているのだから、一度正義を弁護するということになれば、なんのことはない、河童[かっぱ]を陸[おか]へ上げたも同然である、てんで勝手違いで、たとえ悪意ではないにしても、その拙劣加減にいたってはほとんど問題にもなにもならないのだ。

16

火星で「空飛ぶ岩」発見!「ガリバー旅行記」との奇妙な一致も

67[訳は内田]) [15]【ある晩、宮殿が火事になり、ガリヴァが消火活動にあたる。

2

翻訳で読む18世紀イギリス小説:スウィフトの『ガリヴァ旅行記』

・何年たっても憎たらしいのでFacebookページへの窓削除。 ロンドンに出て、母方の遠縁にあたる当時政界の大立物、サー・ウィリアム・テンプルのもとに秘書の名で寄食する。

5

ガリヴァー旅行記(2)~空中浮遊都市ラピュタ~

《発売中。 小人国では小人たちを「上から見下ろす」立場のガリバーが圧倒的な力を持っていることも興味深いが、ここで注目すべきは、この戦争の発端になったのが、ゆで卵の殻を割るとき、大きい方の端を割るべきか、小さい方の端を割るべきかをめぐる対立だということだ。

6